開業医になって病院を経営する方法|夢を形にする

女の人

海外事業の展開

インドネシアでのビジネスを始めるにあたって、まずは会社設立をする必要があります。資本金として入金できるお金集めをしたり、会社設立の登記を進めていきましょう。そうすれば、スムーズにビジネスを始められます。

帽子と鞄

訪日外国人旅行者の意味

現在、インバウンドの意味は訪日外国人旅行者と理解されて使われています。しかし、本来であれば外国人旅行者を現す単語はインバウンドツーリズムとなります。この様に、日本ではインバウンドの後ろに続く言葉を省略し、業界ごとに言葉に意味を持たせています。

宅配

優秀なパートナー

今独立を考えている人やお店を経営している人に注目されているのが宅配コンサルタントです。宅配コンサルタントは、宅配をする事はもちろん、チラシやメニュー作り、そして成功するためのノウハウも指導しているので、経営に欠かせないパートナーを得る事ができます。

医療モールの活用法

医者

高齢化に伴って複数の診療科を受診する患者も増えており、今後のクリニック経営では診療科同士の連携が必要です。新規にクリニックをオープンする場合には、相乗効果が期待できる医療モールに入居するのが、開業医にとっては大きな課題です。医療機関の経営をサポートするコンサルタントに相談すると、地域の医療モールの募集情報も教えてくれるので、良い物件にもスムーズに入居できるでしょう。特に内科系の開業医が医療モールに入居する場合には、脳神経外科や循環器科が入居しているビルを選ぶのが理想的です。レントゲンやCTなどのデータを、医療モール内のクリニックで共有するとすぐに患者の紹介が行えるので、治療がスムーズに行えるメリットも大きいです。更に駅前の医療モールは視認性にも優れているので、開業医が新規にクリニックをオープンした場合でも、患者の獲得は容易です。しかも医療機関のニーズを考えて不動産会社が独自開発したビルであれば、建物内部の設備も機能的であり、クリニックの経営も効率的に行えるでしょう。そして本院に加えて分院も開業して、経営規模を拡大したいと考えている開業医が注目しているのは、郊外型の医療モールの募集情報です。郊外に立地している医療機関向けの物件は、坪当たりの賃料も月額1万円程度であり、開業時に必要な初期投資も少なめです。また郊外のエリアでは現在も人口が着実に増えているので、新規にクリニックを開業した場合でも、早期に経営を軌道に乗せられるでしょう。