開業医になって病院を経営する方法|夢を形にする

海外事業の展開

女の人

インドネシアでのビジネスを始める際には、しっかりとした会社をつくっておきましょう。日本で会社を作る際の流れとして一番最初は、法律家への相談が必須となります。会社設立に詳しい司法書士や弁護士に相談をして、必要な書類を集めるのです。たとえば、会社をつくる際には設立時取締役が必要となります。インドネシアでの経営に詳しい人が取締役になってくれるのがベストです。法律家に聞いてみると、海外ビジネスのプロフェッショナルを紹介してくれるケースもあります。もちろん、初見では紹介してくれない場合が多いですから、何度も通って顔見知りになっておいてください。そして、資本金として入金する金銭も重要です。この資金繰りが最も重要だと言っても過言ではありませんから、しっかりと行うようにしましょう。まず、取引銀行に会社設立の計画書を提出し、今後のインドネシアでのビジネス展開を説明します。そこで有望なビジネスだと判断されれば、資本金以上の金銭を貸し付けてくれる場合もあります。担当者との密なコミュニケーションによって、インドネシアでどのような仕事をするのかを理解してもらってください。その前に、会社設立の登記が済んでいるとよいでしょう。会社の設立を証する登記簿を持参し、本気でビジネスを進めていく気概や実力があることを示すのです。この流れを意識すれば、スムーズな会社設立が実現できます。また、事前にコンサルティング会社に依頼しておくと、すべての手続きにおいてサポートしてもらえるので便利です。